前骨間神経麻痺、後骨間神経麻痺の病態、予後、治療法について

前骨間神経麻痺の原因は不明です。腕や肘の痛みを感じた後に、親指と人差し指の第一関節を曲げることが困難なことに気づきます。手指の感覚の障害はありません。前骨間神経は肘付近で正中神経から分岐して、主に親指と人差し指の第一関節を曲げる筋肉を支配しているため、この神経が麻痺すると親指と人差し指を曲げることが困難になります。

写真:母指の第一(IP)関節屈曲不能
母指の第一(IP)関節屈曲不能

写真:示指の第一(DIP)関節屈曲不能
示指の第一(DIP)関節屈曲不能

後骨間神経麻痺の原因も不明です。やはり腕や肘の痛みを感じた後に、親指から小指の全部あるいは何本かを伸ばすことが困難になります。手首の運動 障害や手指の感覚障害はありません。後骨間神経は肘周囲で橈骨神経から分岐して、指を伸ばす神経を支配しているため、この神経が麻痺すると親指から小指の全部あるいは何本かを伸ばすことが困難になります。

写真:指のつけ根(MP)関節伸展不能
指のつけ根(MP)関節伸展不能

写真:指のつけ根(MP)関節伸展不能
指のつけ根(MP)関節伸展不能

いずれの神経麻痺においても共通しているのは、発症前後に腕に激痛を生じることが多いこと、感覚異常が少ないことが多いこと、発症後2〜3か月で自然回復が始まることが多い点です。

一方、自然回復が思わしくない患者さまの神経を手術で展開すると、神経の中の束(たば)に“くびれ”がみられることが多く(右図)、その“くびれ”を剥離すると回復がみられる場合があることも知られています。

ただ大変残念なことに、何割かの患者さまは回復しないことも事実です。これまでに世界中の多くの末梢神経専門家がその原因や治療方法を確立するために努力を重ねて参りましたが、いまだに明らかにできておりません。その最大の原因は、それぞれの施設における患者さまの数が少ないため、各種の治療法の正確な比較が困難なことにあります。

手術中に上腕から肘にかけての神経を顕微鏡で観察すると、1本の神経の中に正常な神経束(*)とくびれのある神経束(矢印)がみられます
手術中に上腕から肘にかけての神経を顕微鏡で観察すると、1本の神経の中に正常な神経束(*)とくびれのある神経束(矢印)がみられます

そこで平成24年2月から、末梢神経を外科的に治療する国内の整形外科医(手外科医)が前骨間神経麻痺、後骨間神経麻痺の患者さまの病態と治療経過を登録し、両神経麻痺の自然経過、臨床像、治療効果の解明にあたることになりました。これらの点が明らかになれば、世界中にいらっしゃる患者さまにとって大きな福音となります。

この取り組みは厚生労働省科学研究費補助金慢性の痛み対策研究事業「難治性神経因性疼痛の基礎疾患の解明と診断・治療精度を向上させるための研究」(信州大学脳神経内科:池田修一班長)の支援を受けて2012年2月より開始したところです。